ラバースペーサースプリングゴム装着前と装着後比較!動画有り。車の乗り心地の改善や底突きに通販のゴムを試してみました。

自分の軽トラックで走行中、少しの段差で、車の底を大きなハンマーで思いっきり叩いたような大きな音がします。専門用語で底突きというらしく、タイヤの近くのバネ付近が壊れているみたいです。市販の黒いゴムをバネ付近に巻いてもダメでした。なるべくお金をかけたくないので、インターネットで調べていると、気になるものを見つけました。
ラバースペーサースプリングゴムという商品です。

購入して取り付けてみました。
装着前のハンマーで叩いたような衝撃が、装着後のフワッとした感じになり、
乗り心地は、とても良くなりました。動画の画面の揺れの速さで判断してください。

底突きも一切しなくなりました。




取り付け方
今回は、自分が思っていたものより大きいサイズが来たため、普通の取り付け方ではないのですが、大きいサイズなので、耐久性は強力になり、良い方向に進みました。

車に関しては、素人ですが、バネの隙間を測り、サイズを選んで付けるだけです。
ジャッキアップして軽トラックのバネの隙間を計ると、
一番上は30ミリ

上から2番目は38ミリ

3番目以降は同じくらいの隙間です。

ジャッキアップなしでバネを計ると
一番上は21ミリ
上から2番目は30ミリでした。

説明によると、車高を上げたい方は、ジャッキアップして計測。
乗り心地をよくしたい人は、ジャッキアップなしで計測。

自分の場合、底突きがひどすぎるので、なるべく大きなものを入れたいと考え、ジャッキアップしてバネが広い方で計測し、
ラバースペーサースプリングゴムの35ミリを買いました。

届いてビックリ!
バネの間隔が38ミリ

高さ7センチ

バネの直径は13.5センチ

ちなみに軽トラックのバネの直径が、約9センチ。
どうやって入れるのでしょうか…

ただし直径はゴムを切って調整すればいいらしい。

問題は高さ7センチ
バネの間隔が38ミリなのに、どうやっても入りません。

諦めるしかないのか…
思いつきました。

小さく切って強引にバネの下の方に入れました。
こんな感じで切りました。

かなり力が必要でしたが無事に入り
インシュロック(結束バンド)

前タイヤ2つやりましたが、大きいゴムだったので、1つ余りました。(2つ入り)

車高の方は、

装着前(タイヤの中心で計測)

装着後

少し高くなりました。時間が経ったらどうなるかはわかりません。

現在、4ヶ月経ちましたが、底つきは装着してから1回もありません。
大きいゴムが来て、逆に、いい方向に進みました。

ヤフーショッピング Amazon 楽天市場